だから、あなたの生え際脱毛が止まらない!今すぐ育毛剤の成分をチェックせよ!

あなたも生え際の脱毛に悩んでいる一人でしょうか?
私もまた、あなたと同じ生え際の脱毛に悩む30代後半の男性です。
育毛剤ランキング2015
 
 
自分の生え際が後退していく前までは、薄毛やハゲなど老化現象の1つでしかないと思いこんでいたのですが、薄毛(特にAGA)に関して調べて行くうちに若くても男性は禿げてしまう可能性が高い事実を知りショックを受けました。
 
 
男性は10台の後半にもなれば、男性ホルモンの関係でAGA(男性型脱毛症)になる可能性はあると言う事です。
 
 
AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが変化した悪玉男性ホルモンにより発症します。
だから悪玉男性ホルモンを抑制しない限りAGA(男性型脱毛症)を抑える事が出来ない!!
 
 
そんな恐ろしい事・・・知っていましたか?
 
 
だから、効果のない育毛剤をいくら長年使おうとも脱毛は止まらない!
あなたの生え際後退は、進む一方なのです。
 
 
 
ちょっと、恐ろしい話をしてしまいましたが
薄毛についてもう少し、追加しますと、AGA(男性型脱毛症)には特徴があり、悪玉男性ホルモンが多く存在する場所がハゲると言う事です。
 
 

■悪玉男性ホルモンが多く存在する場所
 
①生え際
②頭頂部
 
この2つの場所「生え際」と「頭頂部」が、2大悪玉男性ホルモンの存在場所です。
 
 
側頭部や後頭部には悪玉男性ホルモンが殆ど存在しないので、毛がフサフサ残っているはずです。
これがAGA(男性型脱毛症)の特徴ですよ。

 
毛が抜け落ちてしまう部分とフサフサと残っている場所とがはっきり分かれてしまう現状を見ると、悪玉男性ホルモンの影響の大きさを理解できると思います。
 
 

自分の頭を鏡で良く見てください・・・、
生え際部分とは違い、側頭部や後頭部の毛がフサフサしているようであれば
本来のあなたの生え際も、側頭部や後頭部の毛のようにフサフサしているはずだったのです。
 
 
悪玉男性ホルモンの影響さえ無ければ・・・・。
 
 
 
 
■育毛剤の成分をチェックせよ!
 
生え際の薄毛、脱毛症は特に悪玉男性ホルモンの影響を受けているのですから、悪玉男性ホルモン(DHT)の抑制対策は、必須になります。
 
 
しかし、どうでしょう
あなたの使っている育毛剤に悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分は入っているでしょうか?!
 
 

実は、殆どの育毛剤は、肝心な「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分」をスルーしているのです。
1番大事な成分である「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分」が入っている育毛剤が、ほぼ皆無・・・。
信じられないですよね!理想と現実のギャップは、育毛剤の世界にも存在しています。
 
 
 
じゃあ、今 巷に出回っている育毛剤って何が入っているのか?!
 
育毛剤の多くは
≫血流改善成分
≫頭皮炎症改善成分
≫頭皮への栄養成分
 
大体がこんなところです。 
 

これらの成分は育毛にとって、とても重要な成分ですから、決して無駄ではないのです。
でも、これだけでは、肝心の脱毛を止める事が難しい。
 
 
 
何故こんな事が起こっているのか・・・・。
 
 
AGA(男性型脱毛症)の原因である悪玉男性ホルモン(DHT)の存在を意識する文化が日本には無かった! 
 
 
アメリカでは1977年には「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制するフィナステリド(プロペシア)」の育毛薬を開発し病院で薄毛の治療が開始されていたのに比べ
日本では、フィナステリド(プロペシア)の薄毛治療が開始されたのは2005年。まだまだ歴史は浅いのです。 

 
育毛剤の世界では、ず~と昔ながらの成分が使われいますし、「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する」と言う文化も無しと言う訳! 
 
 

 
「育毛剤」の世界では、ここ1、2年でやっと「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分」を配合し始めたと言った程度。 
逆に言えば、普通の人が病院ではなく育毛剤で「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する」と言う機会さえ与えられていなかったと言えるでしょう。
 
 
 
■「悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制する成分」一覧
 
≫フィナステリド(医療用)
≫デュタステリド(医療用)
≫オウゴンエキス
≫ノコギリヤシ

 
これらの成分は、医療用、天然成分を含めて、悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制するとされている成分です。
 
 

1位 イクオス(IQOS)

af-image
2015年バカ売れしている育毛剤!


今までの育毛剤とはコンセプトが違う、かなり本格的な育毛剤。脱毛成分であるDHTをしっかり意識して作られているだけに悪玉男性ホルモン生成の抑制にも力をいれています。脱毛の阻止と育毛の促進を同時に行う事が出来る。又、体に優しい無添加成分、天然成分とコダワリ抜いている今年イチオシの育毛剤

こんな方にお勧め!!

  • DHT(悪玉男性ホルモン)を抑制したい人
  • 天然成分の育毛剤を探している人、副作用が気になる方
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧


記事保管所

フィナステリド育毛剤の副作用とは?

フィナステリドと言えば、男性の殆どの方が知っている「プロペシア」の主成分です。
日本では発毛治療に使われる医療用育毛剤ですね。
プロペシア
このフィナステリドは元々は発毛の為の薬ではなく、1972年前立腺治療薬としてアメリカ「メルク社」で開発した成分です。
 
 
前立腺治療薬が何故、育毛の分野で使われるようになったかと言えば、その副作用の中で薄くなってしまった男性の毛が増えたと言う事があり1977年には、発毛を目的としたプロペシアに生まれ変わり世界60ヶ国でAGA治療薬として使われています。
 
 
ここ最近、日本でもフィナステリドを成分に持つ育毛剤を使用し薄毛の改善に力を入れている人も増えているのですが、その反面「フィナステリドの副作用」を口にする人も増えているようです。
 
 
フィナステリドの副作用は男性特有の症状としては「勃起不全」、「精子減少」が考えられます。
このリスク自体はまだ研究段階で、はっきり医学的に証明されているわけではありませんが、おおよそこの二つのリスクはあると考えられているようです。
 
 
そもそもフィナステリドと言う成分はどんな事をする成分なのか!と言う事ですが「勃起不全」「精子減少」は副作用で、フィナステリド本来の役目としては5α還元酵素阻害剤なのです。
 
 
プロペシアは、前立腺肥大を改善する事が目的で作られていますから、肥大した前立腺を縮小させ癌の増殖を抑える、と言う薬です。
 
 
5α還元酵素阻害剤の中でもフィナステリドは男性ホルモンを全くでない様にする薬ではないので発汗や元気がなくなるなどの女性の更年期のような不快な症状を出さずに症状を改善させるとても良い薬です。
 
 
男性ホルモンである「テストステロン」と「5αリダクターゼ」と言う還元酵素が結びつく事によりDHTと言う物質に変化します。
このDHTが受容体と結びつく事で前立腺の細胞が増殖するのです。
 
 
プロペシアはDHTを作らせないようにするとても良い薬ですが、やはり若い人へには不向きの育毛薬だと感じますね。
男性ホルモンであるテストステロンに影響を及ぼす薬だけにちょっと慎重になるところです。
テストステロンは睾丸の形成に大事な成分ですし、精子の減少もこれから子供を授かりたいと思っている人には大問題です、総合的に考えると若い男性には、やはり他の種類の育毛剤が良いと思います。
 
 
前立腺肥大を改善する事を目的としたなら、このくらいの副作用で済んだと考えるのか、例え脱毛症を改善するためであっても、副作用くらい我慢するべきだと考えるのか、良く考えるべきです。
 
 
フィナステリド系の育毛剤は特に女性は一切使う事ができないので注意しなくてはいけませんね。
間違っても、ご主人の育毛剤を拝借して使用するのは厳禁。
 
 
錠剤の場合は子供の誤飲にも気を付けなければいけないですし、妊娠中の女性も、直接フィナステリドの錠剤を触らないでください。
 
 
育毛剤も様々ありますが、塗るタイプも服用型もそれぞれ異なった副作用があるため、医師の診断のもと処方してもらうのが一番です。
ただし、基本的に医薬部外品であれば、生活に支障をきたすほどの副作用が見られることはほとんどありません。
 
 
自分の状態や環境に合わせて、適切な育毛剤を選ぶのが1番良いので、無理に強い育毛剤を使用する事は避けた方が良さそうです。
 
 
 
先に記載した副作用も、その育毛剤を使用している最中のみに限り、使用を中断したら副作用も自然に消えていくのが通常です。
あれもこれもと強い刺激の育毛剤を同時に手を出さなければ、そこまで気にする必要もないかもしれませんね。
 
 
副作用の有無は人により大きく変わりますから、気になるような副作用を感じない人もいます、逆に調子が悪くなってしまう人もいます。
フィナステリド系育毛剤はの医薬品ですから、是非、使用量を守って使うようにして下さい。
 
 
 

生え際薄毛に悩む人が選ばなければイケない育毛剤とは?

生え際の毛が薄くなったり、毛が細くなってくるとヘアースタイルが決まらなくなって、一気にオヤジの仲間入り!!
出来れば何とか阻止しなければなりません。
stop
何と言っても生え際の場合は、毛が抜ける以前に毛が細くなりボリュームが感じられなくなるだけでも印象が変わってしまう事が最大の難点です。
 

生え際が薄くなる最大の理由はAGAなのですが、実はこのAGAは3つのパターンがあるのです。

・頭頂部と生え際、両方から薄くなっていくパターン
・頭頂部から薄くなっていくパターン
・生え際から薄くなっていくパターン

髪の毛の横(側頭部)や、後頭部には、影響が出ないのが特徴です。
 
 
 
では何で、横(側頭部)や後頭部より生え際は、薄くなっていくのでしょうか?
 
 
 
その理由は「5αリダクターゼⅡ型」にあります。
 
 
 

5αリダクターゼⅡ型が前頭部と、頭頂部に多く存在しているがため、原因となるDHTが特にこの2つの部分で生まれ、毛髪の成長を妨げていると考えられています。
 
 
 
AGAは、髪の毛の成長期が短くなって、完全に成長しないうちに、脱毛してしまうものですが、脱毛した部分には、また毛が生えてきます。
これがヘアサイクルの乱れとか毛の寿命が短くなるとか言う現象です。
 
 
 
ヘアサイクルが狂い、一見、髪が無くなってしまったかのように見える頭皮には、実は産毛のような毛が生えているので、この毛を育てる事が育毛に1番大事な事なんです。
 
 
 
しかし、この毛もまた、すぐに抜けてしまいますので、薄毛とは言え、よく見ると、細く短い産毛のような毛が生えることになります。
 
 
 
そう・・・この現象を繰り返すのがAGA。
だんだんと産毛よりもっと小さな弱々しい毛に変わり、いずれ毛根が衰退し毛穴も閉じてしまう・・・
これがハゲてしまう理由です。
 
 
 
毛の密度が減り地肌が目立ってくるのは、そのためです。決して、最初から髪の毛がなくなるわけではないのです。
 
 
 
全く生えていないと思う箇所でも、直径30ミクロン以下の髪の毛が生えています。
通常の健康的な髪の毛は直径80ミクロンくらいと言われていますので、髪の毛を健康に育てることがとても大切なのです。
 
 
 
生え際の薄毛は、頭頂部より強く5αリダクターゼⅡ型の影響を受けていますから育毛剤選びにはかなり気を使っていきたいところ・・・。
 

 

どんなに値段が高くて効きそうな感じでも、5αリダクターゼ対策が取られていない育毛剤は問題外となります。
 
 
 
値段が高いのは、単なるブランド料かも知れません。
希少植物の成分が入っていても、ダメなのです。
 
 
 
しっかり「5αリダクターゼ対策」をしている育毛剤をチョイスしないと、生え際の薄毛は阻止する事が出来ず生え際の後退は進むばかりです。
 
 
 
昔と違い、今はAGAの原因が解明されています、ですから各段に育毛剤が進化しているのです。
それに気が付かずに、古い成分のままの育毛剤を使い続けていると、大事な毛髪を失くしてしまうかも知れません。
 
 
 
最近では、副作用の少ない5αリダクターゼ対策している育毛剤も開発されているので要チェックですよ!
育毛剤も進化しています、使い手の我々も新しい情報を吸収して遅れの無いヘアケアを充実していこうではありませんか!
 
 
 
⇒5αリダクターゼ対策成分一覧はこちら!

 

生え際薄毛の原因「DHT」とは?

生え際の産毛が減って来て、おでこが上がってきたような気がしたら先ずはAGAを疑うべきでしょう。

悲しいですがAGA(男性型脱毛症)の始まり
生え際が後退する、生え際の産毛が無くなってくる、こんな現象からですからやってくるのです。

AGAの原因は脱毛の司令を発する「DHT」と言う物質だと聞いたことはありませんか?
今回は、この「DHT」について、少し掘り下げて考えて行きたいと思います。
生え際を気にする男

AGAの原因になるDHTとは、ジヒドロテストステロンのことです。
男性ホルモンの一種で、このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を妨げ、脱毛を引き起こしています。

良く、腸内環境を正す時に、善玉と悪玉という言葉を耳にしますが、このDHTは、悪玉の男性ホルモンと呼ばれているホルモンです。
 

5αリアクターゼという酵素によって変換されてできる男性ホルモンなのですが、
どうしてこの「悪玉」とよばれるDHTを産出するのでしょうか?

 

実は、このDHTは、男性器の形成には欠かせないものとされています。
完全に解明されているわけではなく、今も研究段階にはありますが、
5αリアクターゼが欠乏し、DHTが産出されないと、男性器が正常に発達しないと言われています。
 

つまり、悪玉とよばれるDHTも、成長には欠かせないものということです。

 

しかし、20歳をすぎれば、男性器の形成はもう、完成形だと言えるので、
大人の男性にとって、DHTは不要なもの、それが、このDHTが、悪玉だと言われる理由にもなっています。

今のところ、なぜ、人が成長するにあたって必要となるホルモンが、毛髪の成長を抑制するのか、ハッキリとは分かっていませんが、AGA治療では、DHTの産生を抑える薬も開発され、使われるようになってきています。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)そのものが原因とされていますので、AGA治療をもって、この悪玉男性ホルモンの産生・分泌を抑えれば、薄毛に悩む男性も、どんどん減るってくることでしょう。

生え際に何か違和感がある、ここ最近急に生え際の毛が細く短くなったり
産毛がなくなってきたら、まずは生え際に特化した育毛剤をうまく使ったマッサージを開始してみてください。

AGAを酷くさせないコツは、早めのケアだけです!
放っておけば必ず額が後退したり、M字の様な生え際になって行きます。

育毛剤、シャンプーなど自分で簡単に行える育毛ケアをまずは開始して、AGAを進行させないと言う事が生え際後退への対策の第一歩となります。

生え際薄毛に効く育毛剤と効かない育毛剤とは?

生え際薄毛に効く育毛剤はどれ?
突然ですが
生え際の薄毛にとって向いている育毛剤と向いていない育毛剤があるのをご存知ですか?

育毛剤なんて、どれも同じようなものでしょう?!
と、思われた方も多いでしょう。
しかし、そうでもないんです。

生え際の薄毛に合っていない育毛剤を選んでしまうと、
抜け毛を止める事が出来ません
し、生え際の後退がどんどん進んでしまいます。

ですから、手に取った育毛剤がどう言う育毛剤なのか
しっかりチェックして育毛剤を選ぶ事が大事になってきます。

では、どう言う育毛剤が生え際薄毛に向いていて、
どのような育毛剤が生え際にはむていないのでしょうか。

M字型、おでこの後退と言う生え際脱毛症は、
男性ホルモン由来の脱毛成分DHT(ジヒドロテストステロン)の影響が強く作用していますから育毛剤の中でもDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を最小限に止められるような育毛剤が最適です。

日本皮膚科学会でも、男性型脱毛症対策には
フィナステリドとミノキシジルが有効としていますので
この2つの成分に近い物が望ましいのです。

フィナステリドと言う成分は、脱毛成分DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するもの
そして、ミノキシジルは毛根の血流を改善する成分です。

日本で販売されているほとんどの育毛剤は
血流改善を目的としている成分は十二分に配合されていますが、
フィナステリドに値するようなDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する成分はまだまだ配合されてはいないのです。

ここで、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するような成分をいくつかご紹介しましょう。

<脱毛成分DHTの生成を阻害する成分>
・フィナステリド
・オウゴンエキス
・ノコギリヤシ

などが代表的な成分です。

中でもフィナステリドは、医薬品として医師の処方の元錠剤として摂取することが一般的で、
塗るタイプの育毛剤ではオウゴンエキス、育毛サプリではノコギリヤシが有名です。

実は、一昔前までは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害すると言う考え方はありませんでした。
それは男性型の薄毛(AGA)の原因がDHTであると言う事が分かったのが最近だからです。

その為、昔ながらの育毛剤にはDHTの生成を阻害すると言う考え方は今も反映されておらず、
血流改善と炎症改善の為の成分が主流です。

★何故、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する事が大事なのか?!

DHT(ジヒドロテストステロン)は、
男性ホルモンと5αリダクターゼと言う酵素が結合して出来る脱毛成分です。

血流改善を目的とする成分や、毛根に栄養を与える成分だけでは
ザルに水を流しているようなもので、脱毛を止める為の根本的な対策にはなりません。

先ずは、脱毛を止める事から始め、その上で血流を改善したり毛根に栄養を与える事が大事だったのです。

日本皮膚科学会でもAGA対策には、DHTの生成を阻害するフィナステリドと
血流改善のミノキシジルをA級で推薦しているのはその為です。

生え際薄毛を止めるには、是非この2種類の育毛成分を積極的に取り入れて
早めに育毛ケアを開始してください。

AGAとは?若くてもAGAになるの?

最近よく耳にする「AGA」と言う言葉。
テレビCMでも「エージーエー」になったらお医者さんへ・・・と、言うフレーズを耳にしますね。

抜け毛が気になる私にとって、ドキっとする言葉でもあり、薄毛対策をせかされているように感じてしまいます。
私の場合はM字ハゲの遺伝因子が入っているようで、額に変化が出て来ているので、薄毛対策と育毛を開始しました。

薄毛対策を行うには先ずは薄毛について知るが大事!
私が調べて得たAGAとはどんな抜け毛なのか書いていきたいと思います。

AGAとは、「男性型脱毛症」のことで、英語では、Androgenetic Alopeciaと書きます。
CMでもおなじみのこのAGAを発症している人は、日本において、約1,000万人と言われています。

年代別の発症率を見ていくと、年齢を重ねると、発症率は上がり、70代の男性では、61%、60代の男性では51%と半数以上を占めます。

50代は44%、40代は32%、30代は12%、20代は6%と、年齢が下がる程どんどん発症率が下がります。

しかし、AGAの原因は男性ホルモンの1つでもある、DHTに原因があるため、
男性ホルモンの分泌が活発になる、10代で発症してもおかしくはありません。

実際に、高校生くらいから、AGAの兆候が見られることもあります。
薄毛を実感するほどではないと言いますが、学生のうちに…というのは、少し怖いですね。

年齢とともに発症率は高まりますから、一種の老化現象であるのは違いありませんが、
白内障などの老人性のものと違い、若い年齢でも発症することがあるわけです。

AGAの脱毛症の場合は生え際や頭頂部から薄くなってくる症状が特徴で、特に生え際のAGAは男性ホルモンの影響を強く受けていると言われています。

比較的、頭頂部の方が血流改善で発毛するケースが多いそうで
生え際のAGAと頭頂部のAGAは、薄毛対策に違いがある様です。

特に若い世代の男性の脱毛が進むのは、原因であるDHTが
髪の成長を狂わせ、太く長く成長するはずの髪の毛に脱毛のサインを出すためです。

初期症状は、髪の毛が柔らかく、元気がなくなったような感じがする、
シャンプーや、セットの時、枕カバーなどに抜け毛が目立つようになった、
頭頂部や、額の髪の毛が細くなった気がするなどがあります。

こういった初期症状が出てしばらくすると、本格的なAGAの兆候が現れます。
頭頂部の肌が透けて見えるようになった、生え際が後退して額が広くなったなど、AGAの症状が出る前に、なんとか対策を練りたいものですね。

AGAの特徴である男性ホルモンから出来るDHTを対策できる育毛剤や発毛に効き目がある薬などをうまく使ってエージーエーを賢く改善していきましょう。

生え際が薄くなったらAGAを疑え!

ここ最近、毛が抜ける・・・、抜け毛が多いな・・・と感じていませんか?
この抜け毛、生え際ばかりが抜けるようでしたら注意が必要ですよ。
生え際薄毛
実は抜け毛の中でも生え際が薄くなるのは
「AGA(男性型脱毛症)」の始まりのサインと言われているからです。
生え際は特にAGAの原因となるDHT(脱毛成分)が作られやすい場所ですから、
抜け毛がちょっと多くなったなと思ったら、すぐに育毛ケアが必要です。

AGAは、エージーエーと文字通りに読みますが、テレビCMのお蔭で
殆どの人が男性特有の薄毛の事だとな分かるハズです、あなたは大丈夫ですか?

ところで、AGAだと何で毛が抜けてしまうのでしょう、
その仕組みについて簡単に書いてみたいと思います。

AGAは、別名「男性型脱毛症」と言うように、男性特有の薄毛です。
それは、男性ホルモンにとても関係が有るからなんです。

男なら、思春期以降男性ホルモンが生成されますから、
誰でも男性ホルモンは体内にあります。

その男性ホルモンが何故薄毛に関係するのかと言いますと・・・

頭皮の皮脂細胞に「5α-リダクターゼ」と言う酵素があり、
この「5α-リダクターゼ」と男性ホルモンが結合すると、
脱毛成分「DHT」に変化し、毛根に悪さをするからです。

脱毛成分「DHT」は、毛根にダメージを与え、弱った毛根は毛が抜けて行きます。
そう・・・脱毛です。

もの凄く簡単にまとめると・・・
生え際には「5α-リダクターゼ」と言う酵素が多く分泌されていて男性ホルモンと結びついて
脱毛成分が生成され毛根がダメージを受け脱毛する!と言う訳です。

AGAは早い人で20代から始まりますので、老化とはあまり関係なく始まります
できれば遺伝的に薄毛になりやすい人は、とにかく予防を心がけるのが最善ですよ。

恐ろしい事に、AGAの特徴としてはもの凄い速さで毛が抜けて行く人がいると言う事なんです。
たった1年でまるで違う人・・・と言うケースもありますから、気を付けてください。

しかし、最近では改善しずらいと言われてきた「生え際薄毛」にも朗報があるようです。
AGAが何故薄毛になるのか解明されたおかげで、AGA用に開発されている育毛剤が効きやすいと言う事があるそうです。

もちろん、薄毛の理由は様々な事が重なっている場合が多いので
薄毛治療専門病院などで1度相談してみると良いと思います。

育毛剤で進行してしまう薄毛と生え際対策をする方法

ikumou19

男性の中で薄毛の悩みを持つ人は少なからずおられます。

私は高校生の頃からそうでした。

生え際の後退等、気になり出すと辛い薄毛、
何か対策はできないのでしょうか。

多くの方はまず、育毛剤を思い浮かべられると思います。

私が使用してみて実際に効果を感じたのは、大正製薬の
「リアップジェット」です。

いくつか種類のある「リアップ」の中では価格は安価な方ですが、
私の場合は生え際の後退に対しても、しっかり効果を
得ることができました。

この育毛剤が効く理由は、その成分に含まれている
ミノキシジルのおかげです。

ミノキシジルは、頭皮の血行を改善し、血行不良となってしまって
脱毛してしまうことを防ぎ、毛根の毛母細胞に栄養を与えるため、
発毛によく効くのです。

一日二回、朝と夜の洗髪後に使用していますが、
頭皮に押し当ててプッシュし、一回の量に推奨されている
15プッシュすると、自動的にロックがかかるようになっています。

量を使い過ぎないような仕組みになっていて大変便利です。

ただし、私の場合は生え際と側頭部の薄毛が気になっていたので、
気になる部位に塗布するのが、一回につき6プッシュの量で
効果が得られました。

ですから、気になる部位にのみ使用すれば、その部位において、
ある程度効果は得られるのではないかと思います。

価格もお手頃で、嫌な匂いやベタつきもないので、
使い続けるのも苦になりません。

私の場合は、使い始めて3週間程度で効果を感じ始めました。

朝の忙しい時間でもすぐに使用することができ、
何より効果が明らかなので、薄毛に悩んでおられる方には
是非お勧めしたいと思います。

生え際に効く育毛剤というものがありますか?

ikumou07
育毛剤にはさまざまな種類がありますが、生え際には、
生え際に効果のある育毛剤を使うようにすべきです。

「生え際用の育毛剤なんてあるの?」
と思う人もいるかもしれません。

抜け毛や薄毛の集中している部分ごとに合った
育毛剤を使わなければ、お金も時間もムダになってしまいます。

お金や時間だけで済めばいいのですが、
髪もムダにしてしまうことになってしまいます。

生え際の髪の毛は、いったん抜け始めると
どんどん進むと言われています。

生え際は見たり、触ったりするとわかるように、
頭皮の他の部分とはかなり違いがあります。

生え際には太い血管も毛細血管も少ないので、
髪に必要な栄養が届きにくくなっています。

また、おでこがテカテカしている人がいるように、
皮脂の量が多い人もいます。

食事をしたときにおでこに汗をかく人がいるように、
皮脂と汗などで汚れるケースがあります。

おでこに深いシワがあるのに、生え際は
つるつるしていることがありますが、
生え際が硬くなることもあります。

頭皮が硬くなると抜け毛や薄毛を
誘発すると考えられています。

生え際用として開発された育毛剤は
現時点ではないのですが、生え際の特徴に合わせて、
効果の高い成分の入った育毛剤を選ぶようにしましょう。

たとえば、ナノ技術を使用した育毛剤、
男性ホルモンが持つ脱毛因子に効果のある成分、血行をよくする
効果の高い成分などが入った育毛剤を見つける必要があります。

生え際に効果があったというような、
口コミにも注意していましょう。

生え際は育毛剤にとって難しい部分でもある

ikumou09生え際を増やしたいと考えている方は、
育毛剤を利用することとなります。

しかし、育毛剤には、生え際を強くする
効果が無い物もあります。

基本的に、つむじ付近を改善するタイプが多いためで、
結構苦労することになります。

いい育毛剤を利用することによって、
生え際を改善することができます。

この部分に強いとされている育毛剤を利用して、
少しでもいい状態に持っていくことです。

また、強力な成分が含まれているタイプでも、
それなりに効果があり、ミノキシジルを超えるような
成分が含まれていると、かなり生えやすくなります。

生え際は強力な成分を与えておかないと、
上手く生えてくれない
ことが多く、多少変わったとしても、
それ以上の変化が生まれることが無く苦労します。

どうにかしたいと思ったら、やはり強力な
育毛剤に頼るしかありません。

こうして、生え際を変えていけるような状態を作れば、
時間をかけてゆっくり変えられます。

ゆっくり時間を使っていくことが必要であり、
ちょっと使えばすぐ生えるというものではありません。

早い段階で、結果が出ないことを踏まえて
育毛剤を選び、そして上手く利用していくことで、
生え際は改善することがあります。

生えてきた髪はあまり太くないですが、
徐々に抜けて太くなってくることが多いです。

育毛剤を選ぶ際は、どの部分に強いのか
しっかり考えておかなければなりません。

生え際に強いとされている育毛剤を探して、
後は強力な効果に頼ることとなります。

生え際に使える育毛剤はやはりあれだった

kyujin13
生え際は、意外と複雑な要素を
持っている部分と言えます。

この部分には、一般の育毛剤が効果的ではないと
されており、上手く使えないことがあります。

何とかして、ここを改善しようと思っている場合は、
特殊な育毛剤を利用することとなります。

この育毛剤こそがプランテルであり、
生え際部分の改善を図ってくれるいい育毛剤です。

これを利用する場合は、
まずM字になっているかどうか
考えていくこととなります。

M字状態になっている場合は、
まずそこを改善しなければなりません。

他の部分にまで薄毛が広がる恐れもあるため、
生え際から食い止めていくこととなります。

プランテルは生え際には非常に強いと言われており、
利用することで薄毛を解消できます。

徐々にですがM字部分が改善されて、
そのほかの部分についても濃くなっていきます。

こうして改善を図っていくと、
徐々に薄毛が解消されて見た目も
良くなっていきます。

完全に薄くなっている状態を改善することが、
何より必要なこととなります。

少しでも改善するためには、
プランテルのように特殊な育毛剤も必要となるのです。

生え際は普通の育毛剤が対応できないくらい、
難しい部分となっています。

ネットで人気があるような物でも、
全く効果が無い場合もあるのです。

これを改善するのはプランテル以外になく、
困っている時は利用してください。

上手く使っていけばM字部分が改善されて、
それ以外の部分にもいい影響が出ます。

少しでも増えてくるようなら、楽な生活が送れます。