生え際が薄くなったらAGAを疑え!

ここ最近、毛が抜ける・・・、抜け毛が多いな・・・と感じていませんか?
この抜け毛、生え際ばかりが抜けるようでしたら注意が必要ですよ。
生え際薄毛
実は抜け毛の中でも生え際が薄くなるのは
「AGA(男性型脱毛症)」の始まりのサインと言われているからです。
生え際は特にAGAの原因となるDHT(脱毛成分)が作られやすい場所ですから、
抜け毛がちょっと多くなったなと思ったら、すぐに育毛ケアが必要です。

AGAは、エージーエーと文字通りに読みますが、テレビCMのお蔭で
殆どの人が男性特有の薄毛の事だとな分かるハズです、あなたは大丈夫ですか?

ところで、AGAだと何で毛が抜けてしまうのでしょう、
その仕組みについて簡単に書いてみたいと思います。

AGAは、別名「男性型脱毛症」と言うように、男性特有の薄毛です。
それは、男性ホルモンにとても関係が有るからなんです。

男なら、思春期以降男性ホルモンが生成されますから、
誰でも男性ホルモンは体内にあります。

その男性ホルモンが何故薄毛に関係するのかと言いますと・・・

頭皮の皮脂細胞に「5α-リダクターゼ」と言う酵素があり、
この「5α-リダクターゼ」と男性ホルモンが結合すると、
脱毛成分「DHT」に変化し、毛根に悪さをするからです。

脱毛成分「DHT」は、毛根にダメージを与え、弱った毛根は毛が抜けて行きます。
そう・・・脱毛です。

もの凄く簡単にまとめると・・・
生え際には「5α-リダクターゼ」と言う酵素が多く分泌されていて男性ホルモンと結びついて
脱毛成分が生成され毛根がダメージを受け脱毛する!と言う訳です。

AGAは早い人で20代から始まりますので、老化とはあまり関係なく始まります
できれば遺伝的に薄毛になりやすい人は、とにかく予防を心がけるのが最善ですよ。

恐ろしい事に、AGAの特徴としてはもの凄い速さで毛が抜けて行く人がいると言う事なんです。
たった1年でまるで違う人・・・と言うケースもありますから、気を付けてください。

しかし、最近では改善しずらいと言われてきた「生え際薄毛」にも朗報があるようです。
AGAが何故薄毛になるのか解明されたおかげで、AGA用に開発されている育毛剤が効きやすいと言う事があるそうです。

もちろん、薄毛の理由は様々な事が重なっている場合が多いので
薄毛治療専門病院などで1度相談してみると良いと思います。



一押し記事一覧