生え際薄毛に効く育毛剤と効かない育毛剤とは?

生え際薄毛に効く育毛剤はどれ?
突然ですが
生え際の薄毛にとって向いている育毛剤と向いていない育毛剤があるのをご存知ですか?

育毛剤なんて、どれも同じようなものでしょう?!
と、思われた方も多いでしょう。
しかし、そうでもないんです。

生え際の薄毛に合っていない育毛剤を選んでしまうと、
抜け毛を止める事が出来ません
し、生え際の後退がどんどん進んでしまいます。

ですから、手に取った育毛剤がどう言う育毛剤なのか
しっかりチェックして育毛剤を選ぶ事が大事になってきます。

では、どう言う育毛剤が生え際薄毛に向いていて、
どのような育毛剤が生え際にはむていないのでしょうか。

M字型、おでこの後退と言う生え際脱毛症は、
男性ホルモン由来の脱毛成分DHT(ジヒドロテストステロン)の影響が強く作用していますから育毛剤の中でもDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を最小限に止められるような育毛剤が最適です。

日本皮膚科学会でも、男性型脱毛症対策には
フィナステリドとミノキシジルが有効としていますので
この2つの成分に近い物が望ましいのです。

フィナステリドと言う成分は、脱毛成分DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するもの
そして、ミノキシジルは毛根の血流を改善する成分です。

日本で販売されているほとんどの育毛剤は
血流改善を目的としている成分は十二分に配合されていますが、
フィナステリドに値するようなDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害する成分はまだまだ配合されてはいないのです。

ここで、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害するような成分をいくつかご紹介しましょう。

<脱毛成分DHTの生成を阻害する成分>
・フィナステリド
・オウゴンエキス
・ノコギリヤシ

などが代表的な成分です。

中でもフィナステリドは、医薬品として医師の処方の元錠剤として摂取することが一般的で、
塗るタイプの育毛剤ではオウゴンエキス、育毛サプリではノコギリヤシが有名です。

実は、一昔前までは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害すると言う考え方はありませんでした。
それは男性型の薄毛(AGA)の原因がDHTであると言う事が分かったのが最近だからです。

その為、昔ながらの育毛剤にはDHTの生成を阻害すると言う考え方は今も反映されておらず、
血流改善と炎症改善の為の成分が主流です。

★何故、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する事が大事なのか?!

DHT(ジヒドロテストステロン)は、
男性ホルモンと5αリダクターゼと言う酵素が結合して出来る脱毛成分です。

血流改善を目的とする成分や、毛根に栄養を与える成分だけでは
ザルに水を流しているようなもので、脱毛を止める為の根本的な対策にはなりません。

先ずは、脱毛を止める事から始め、その上で血流を改善したり毛根に栄養を与える事が大事だったのです。

日本皮膚科学会でもAGA対策には、DHTの生成を阻害するフィナステリドと
血流改善のミノキシジルをA級で推薦しているのはその為です。

生え際薄毛を止めるには、是非この2種類の育毛成分を積極的に取り入れて
早めに育毛ケアを開始してください。



一押し記事一覧