生え際薄毛の原因「DHT」とは?

生え際の産毛が減って来て、おでこが上がってきたような気がしたら先ずはAGAを疑うべきでしょう。

悲しいですがAGA(男性型脱毛症)の始まり
生え際が後退する、生え際の産毛が無くなってくる、こんな現象からですからやってくるのです。

AGAの原因は脱毛の司令を発する「DHT」と言う物質だと聞いたことはありませんか?
今回は、この「DHT」について、少し掘り下げて考えて行きたいと思います。
生え際を気にする男

AGAの原因になるDHTとは、ジヒドロテストステロンのことです。
男性ホルモンの一種で、このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を妨げ、脱毛を引き起こしています。

良く、腸内環境を正す時に、善玉と悪玉という言葉を耳にしますが、このDHTは、悪玉の男性ホルモンと呼ばれているホルモンです。
 

5αリアクターゼという酵素によって変換されてできる男性ホルモンなのですが、
どうしてこの「悪玉」とよばれるDHTを産出するのでしょうか?

 

実は、このDHTは、男性器の形成には欠かせないものとされています。
完全に解明されているわけではなく、今も研究段階にはありますが、
5αリアクターゼが欠乏し、DHTが産出されないと、男性器が正常に発達しないと言われています。
 

つまり、悪玉とよばれるDHTも、成長には欠かせないものということです。

 

しかし、20歳をすぎれば、男性器の形成はもう、完成形だと言えるので、
大人の男性にとって、DHTは不要なもの、それが、このDHTが、悪玉だと言われる理由にもなっています。

今のところ、なぜ、人が成長するにあたって必要となるホルモンが、毛髪の成長を抑制するのか、ハッキリとは分かっていませんが、AGA治療では、DHTの産生を抑える薬も開発され、使われるようになってきています。

AGAはジヒドロテストステロン(DHT)そのものが原因とされていますので、AGA治療をもって、この悪玉男性ホルモンの産生・分泌を抑えれば、薄毛に悩む男性も、どんどん減るってくることでしょう。

生え際に何か違和感がある、ここ最近急に生え際の毛が細く短くなったり
産毛がなくなってきたら、まずは生え際に特化した育毛剤をうまく使ったマッサージを開始してみてください。

AGAを酷くさせないコツは、早めのケアだけです!
放っておけば必ず額が後退したり、M字の様な生え際になって行きます。

育毛剤、シャンプーなど自分で簡単に行える育毛ケアをまずは開始して、AGAを進行させないと言う事が生え際後退への対策の第一歩となります。



一押し記事一覧